/

この記事は会員限定です

「弱気派」急増、米投資家 1年ぶり低水準

[有料会員限定]

米国で投資家の弱気姿勢が鮮明になっている。全米アクティブ投資家協会(NAAIM)が毎週、会員運用会社に米国株の保有状況を聞き取りして算出する「NAAIM持ち高指数」は先週時点で44.21と、新型コロナウイルス感染拡大で相場が軟調となった2020年4月中旬以来の低水準となった。米株の下落リスクが意識され、割高な銘柄の持ち高調整が続く。

同協会は毎週水曜日に会員に株式の保有状況について聞き取り、回答...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン