/

この記事は会員限定です

MS&AD系、暴風雨の損害額をAIで算定 最短で即日も

[有料会員限定]

MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は9月、暴風雨や土石流など風水害による建物の損害額を人工知能(AI)で即時に算定するシステムを導入する。建物の修理見積もりに活用する。業務の効率化を進め、迅速な保険金支払いにつなげる。

保険分野のAI開発を手がける英スタートアップ、トラクタブルの技術を活用する。個人向け火災保険の契約者が屋根や壁面など屋外の損害箇所をスマートフォンのカメラで撮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン