/

この記事は会員限定です

新興国、高まる債務リスク ドル高進行で負担重く

(更新) [有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)など先進国の中央銀行が相次いで金融政策の正常化の機を探り始め、米欧の長期金利に上昇圧力がかかった。先進国の正常化は、先進国からのマネーに頼ってきた新興国に資金流出のリスクを突きつける。新型コロナウイルス禍で債務を膨らませるなど財政にもろさを抱える国も多く、世界経済の安定的な回復に向けたアキレスけんとなりかねない。

「グローバルな力学に強く導かれた」。米JPモルガンの金利分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン