/

この記事は会員限定です

国際決済シェア、コロナ禍で異変 ドルとユーロ首位競う

[有料会員限定]

貿易や送金など国際決済に使われる通貨のシェアで、米ドルとユーロが首位争いの様相を強めている。新型コロナウイルス感染が広がった2020年以降、ドル建て比率の高い世界の貿易が低迷する一方、復興債発行などを背景にしたユーロ圏にマネーが流入し、ドルのシェアが低下した。ドル1強の構図がコロナで変化している。

国際決済には国境を越えた財やサービスの貿易決済、直接投資、資金調達や個人の資金移動などが含まれる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン