/

この記事は会員限定です

投信マネー、海外志向続く 5年ぶり内外株残高超える

個人、長期的な成長期待

[有料会員限定]

投資信託の海外志向が続いている。海外株で運用する投資信託の3月末の純資産残高は19.7兆円と、日本と海外の株で運用する国内外株投信を5年ぶりに上回った。4月末でみても2カ月連続で超えた。海外株に集中して投資したい個人投資家の需要の高まりが背景にある。足元では米国株が弱含み、急速な円安も一服。海外資産の円ベースの価値が今後目減りする可能性はあるものの、長期的な成長期待から海外に軸足を移す動きが広が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン