/

この記事は会員限定です

統合12年のMS&AD、スリム化に課題 6300人削減へ

[有料会員限定]

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)が2026年3月末までに国内生損保事業の6300人を削減する。損保大手3グループのなかで唯一2つの中核損保を持つ構造で、経営の効率化が遅れていた。組織のスリム化で市場の評価を高めたい考えだ。企業価値を高めるには、IT(情報技術)の活用など攻めの戦略も問われる。

MS&ADはグループ全体の従業員数が22年3月末で4万人弱いる

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン