/

この記事は会員限定です

米長期金利、1カ月ぶり低水準 はやインフレ抑制織り込み 

景気悪化への懸念で質への逃避も

[有料会員限定]

米国の長期金利の上昇が一服している。長期金利の指標となる米10年債の利回りは2.8%台で推移しており、およそ1カ月ぶりの低水準だ。9日に一時、3.2%台まで上がった(価格は下落)ものの、米連邦準備理事会(FRB)が進める強力な利上げの効果を市場が織り込む形で予想インフレ率が低下し、名目金利を押し下げる力になっている。

市場による今後10年の物価見通しを示す期待インフレ率(ブレークイーブン・インフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン