/

この記事は会員限定です

米テックと市場、蜜月に幕 緩みが招いたコスト肥大化

[有料会員限定]

米テクノロジー企業と株式市場の蜜月関係が終わりを迎えた。多くのテック企業は成長シナリオを前提に人材を増やし、従業員報酬は高騰した。投資家は株価上昇の恩恵と引き換えに大盤振る舞いを黙認したが、株安で一転。コストの肥大化に厳しい目を向けている。高コスト体質の放置は競争力低下の悪循環につながる。「けん引役」の不在は相場の停滞を招く。

英有力アクティビスト(物言う株主)のTCIファンド・マネジメントは1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1848文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Market Beat

世界のマーケットを俯瞰しながら、最先端のトピックやテーマをベテラン記者が独自の視点で取材・分析するコラムです。市場の動きを通じて世界経済の今をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません