/

この記事は会員限定です

商品高、けん引役は「実需」 投機マネーは高値で手じまい

Review 2021④ 

[有料会員限定]

2021年の原油や非鉄金属、穀物といった幅広い商品の高騰は、事業会社など実需筋がけん引した。背後には、新型コロナウイルス禍を乗り切るための大規模な経済対策によってモノの需要が膨らみ、供給が追いつかなくなったことがある。一方、金融緩和の縮小を見据える投機筋は年前半以降、早々に資金の一部を引き揚げた。

銅は史上最高値、アルミは13年ぶり、小麦は9年ぶり、原油は7年ぶり高値――。21年は幅広い商品で高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン