/

この記事は会員限定です

鋼材、海外安でも崩れぬ国内相場 背景に高炉「構造改革」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

世界景気の減速懸念で中国や欧米などの鋼材価格が下落するなかにあっても、国内の鋼板価格が異例の高止まりを見せている。値崩れしにくい一因として市場関係者で最近認識されてきたのが、鉄鋼メーカーがここ数年進める「構造改革」だ。値段を下げて販売量を確保する姿勢から価格を重視する姿勢への供給側の転換が、市況に表れているようだ。

鋼材の代表的な品種である「熱延鋼板」(厚さ1.6ミリ品)の東アジア価格と国内価格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1660文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込みます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません