/

この記事は会員限定です

大手7生保、団体年金の管理統合 280万人超を一元化

[有料会員限定]

生命保険の大手7社が企業などを顧客とする団体年金の管理業務を統合する。複数ある管理会社を一社に集約し、ウェブ手続きの推進などデジタル化を進める。生命保険業界は長引く低金利による運用環境の悪化に加え、新型コロナウイルス禍で営業職員による販売の伸び悩みに直面している。総加入者数280万人超を一元管理することでコスト削減につなげる。

日本生命保険グループと第一生命保険グループが折半出資し、ジブラルタ生命...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン