/

この記事は会員限定です

NY株、波乱含みの最高値 割高感に警戒も

[有料会員限定]

株式市場で米国株の値動きが激しくなっている。ダウ工業株30種平均は19日に急落した後に続伸し、23日には終値で初めて節目の3万5000ドルを上回った。投資資金は依然潤沢との見方が多く、本格化する企業の2021年4~6月期決算への期待が株高を支える。一方で株価指標では割高感が強く、新型コロナウイルスの感染再拡大の懸念も残る。強弱材料が対立している。

米株市場では23日にS&P500種株価指数やナスダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン