/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG投資先、香港上場が増加 米中摩擦回避か

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)傘下のビジョン・ファンド(SVF)が投資する中国企業が、香港での上場を目指す例が増えている。これまでは高値が期待しやすい米国上場が多かったが、米中摩擦を背景に中国当局の締め付けを懸念して米国上場を避ける狙いとみられる。香港での成功事例が増えれば、SBGにとっては懸念材料だった中国投資先の資金回収に道が開けることになる。

27日には香港市場に人工知能(AI)関連の青島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン