/

この記事は会員限定です

東証再編で信託に特需、相談件数5倍も 流通株対策など

(更新) [有料会員限定]

2022年4月に東京証券取引所の市場再編を控えて上場企業から信託銀行への相談が急増している。新しい市場区分の基準を満たすために信託の機能を使ったり、助言を求めたりしており、相談が昨年の5倍に増えた信託もある。株主名簿管理など手がける信託銀はコンサルティングを強化して特需の取り込みをねらう。

今年5月、ある東証1部上場企業の大株主らがみずほ信託銀行に株式の処分を依頼した。信託銀が少しずつ市場で株式を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン