/

この記事は会員限定です

世界が構えるグリーンフレーション、無防備すぎる日本

編集委員 滝田洋一

[有料会員限定]

脱炭素の流れが原油・ガスの新規投資にブレーキを踏み、供給制約がエネルギーの価格高騰を招く。「グリーンフレーション」が資源輸入国である日本を直撃している。追い打ちをかけてウクライナの緊迫化。日本株の足取りがひときわ重い一因がここにある。

東京に大雪注意報がでた1月6日と最低気温が零下となった翌7日。東京電力パワーグリッドで電気の需給が「非常に厳しい」とされる赤信号がともった。両日とも電気の使用率の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン