/

この記事は会員限定です

個人向け社債への投資 高めの金利、相応のリスク

[有料会員限定]
長期の資産運用の原則は投資する資産を分散すること。国内外の株式と債券を組み合わせると、着実な運用成績につながるとされます。ただ、国債などの債券の金利は長らく低い水準が続いています。相対的に金利の高い社債に関心を持つ人も多いようです。

Q 社債とは何ですか。

A 企業が発行する債券です。債券は借金に対する借用証書といえ、投資家は企業にお金を貸して債券を受け取ります。企業はお金を借りている間は利息を払い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン