/

企業向けサービス価格、7月2.1%上昇 2カ月連続で2%台

日銀が25日発表した7月の企業向けサービス価格指数(2015年平均=100)は107.3と、前年同月比2.1%上昇した。指数は2001年3月以来、21年4カ月ぶりの高水準。上昇幅は6月から横ばいで、17カ月連続のプラスとなった。業種別では広告が上昇に寄与した。昨年は東京五輪中継の裏番組でテレビ広告収入の落ち込みがみられたため、その反動で押し上げられた。

リース・レンタルや不動産も上昇した。リースは対象となる物件価格の上昇が影響。不動産では賃料が売り上げに連動する店舗賃貸が、感染症の影響緩和を背景とした店舗の堅調な売り上げによって上昇した。日銀は足元の感染症再拡大に関しては「7月については大きな影響は聞かれなかった」という。

運輸・郵便は4.8%上昇した。これまでプラス幅を拡大してきたが、7月は燃料価格の下落などからプラス幅が縮小した。

調査対象となる146品目のうち価格が前年同月比で上昇したのは100品目、下落したのは19品目だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン