/

この記事は会員限定です

鉄鋼などの脱炭素「移行債」で後押し 政府が市場整備へ

[有料会員限定]

脱炭素への移行を金融で後押しするしくみが動き出す。政府は環境債に次ぐ資金調達手段として、環境対策を強める企業を支援する「移行債」の市場整備に乗り出す。企業の取り組みを評価・認定するしくみをつくり、資金調達手段を広げるとともに投資家も資金を出しやすくする。移行債と移行融資の市場規模は世界で1兆ドル(約110兆円)に膨らむとの予測もある。

環境関連の資金調達手段にはグリーンボンド(環境債)がある。環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン