/

この記事は会員限定です

米ケロッグ、昨年末比5%高 会社分割で企業価値に期待

Investment Radar

[有料会員限定]

米食品大手ケロッグの株価が堅調だ。昨年末比で5%上昇し、2割近く下落している米ダウ工業株30種平均とは対照的な値動きとなっている。21日に会社を3つに分割することを決め、成長性の高い事業に集中することで、企業価値が高まるとの期待が集まっている。

「プリングルズ」などのスナック事業が主力で、今回の分割では北米のシリアル部門や植物肉などの事業を切り離す。「予想していなかった発表」(米JPモルガン)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン