/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言、外食・空運など買い戻し 悪材料出尽くしで

[有料会員限定]

23日の東京株式市場で外食や空運、旅行といった緊急事態宣言の影響を受ける銘柄に買いが集まる現象がみられた。政府が4都府県を対象に25日から5月11日までの期間で3度目の宣言を出すことが決まり、悪材料が出尽くしたと判断した機関投資家がショートカバー(売り方の買い戻し)に動いた。こうした銘柄の株価が過去2回の宣言発令時に底打ちしていたことも買いを後押しした。

居酒屋「博多劇場」などを運営する一家ダイニングプロジェクトが前日比5%高、高級レストラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン