/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG総会、株主との目線に溝 株価に質問集中

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の経営を巡り、株主と溝が生まれている。23日に都内で開いた定時株主総会では株主から低調な株価や株主還元に関する質問が相次いだ。孫正義会長兼社長は「未来を創る資本家になる」と述べ、より長期的な視点で経営を評価してもらうように訴えた。

「情報革命の資本家になる」。孫氏は冒頭のプレゼンテーションでSBGの事業をこう定義した。19世紀の産業革命では当時の発明家をロスチャイルド家などの資本家が支え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン