/

この記事は会員限定です

再編巧者、起点は引き算 事業売却が再評価のカギ

[有料会員限定]

聖域は作らない――。オリンパスは昨年12月17日、「祖業」である顕微鏡や産業用の測定装置などの科学事業を2022年4月1日付で分社化し、新会社の株式を第三者に売却する方針だと発表した。6月に分社化の検討を打ち出していたが、今回さらに一歩踏み込んだ。

同社の昨年12月中旬の時価総額は約3兆2000億円。新型コロナウイルス禍前の19年末に比べて9000億円上積みしている。科学事業も黒字で、2022年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン