/

この記事は会員限定です

9度目の正直なるか デリバティブ損益通算、税回避に網

[有料会員限定]

株式や債券など異なる金融商品の損益を相殺して税負担を軽くする税制に実現の兆しが出てきた。金融庁は2022年度の税制改正で株価指数先物取引に代表されるデリバティブ(金融派生商品)取引の追加を要望した。ネックになっていた租税回避に「時価評価課税」を導入し防止を図るとしている。明確な要望は9年連続で、世界と比べ大きく劣後する日本のデリバティブ市場の活性化につながるか注目される。

デリバティブ取引には先物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン