/

この記事は会員限定です

水災保険料の地域差、市区町村別に 損害保険料率機構案

[有料会員限定]

損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が、台風や豪雨などの水災に備える保険料に市区町村別に格差をつける案を検討していることが23日分かった。金融庁が25日に開く検討会議で明らかにする。全国的な保険料の高騰に歯止めをかける狙いだが、地域差は広がりそうだ。

水災補償は火災保険のひとつで、その保険料については料率機構が「参考純率」と呼ぶ目安を公表する仕組みだ。現在の保険料は全国一律。洪水による被害のリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン