/

この記事は会員限定です

日銀の意地が招いた円買い介入 政策の矛盾が生んだ隙

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

円の売り手にとってこれ以上望みようのない「売り材料」がそろうなか、政府・日銀が24年ぶりの円買い介入に踏み切った。介入を迫られるまで円売りが加速した背景には、日銀があえて金融緩和を貫く姿勢を強調したことがあった。金融政策と通貨(為替)政策の役割分担は当然だし、日銀は景気下支えのために筋を通したのにすぎない。だが日銀の緩和継続が円安を生み、その円安を食い止めようと財務省が円買いに動くという「股裂き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン