/

この記事は会員限定です

インドネシア石炭先物、上値重く ロシア産の代替限定的

中国の輸入減少も

[有料会員限定]

インドネシア産の発電用石炭(一般炭)先物の上値が重い。ロシアがウクライナに侵攻した直後に付けた高値からは約4割安く、最近は小幅な値動きが続く。重量当たりの熱量が低い関係でロシア産からの代替需要が限られているのが一因だ。主要輸出先の中国が割安になったロシア炭の調達を増やしており、価格競争にさらされやすい面もある。

シンガポール取引所(SGX)に上場するインドネシア産の一般炭先物(期近)は24日時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン