/

この記事は会員限定です

米長寿投信、株高でも資金流出 個人の低コスト志向強く

[有料会員限定]

運用歴の長い世界の著名投資信託から個人の資金が流出している。株式で運用する投信の2021年1~5月の資金流出入を調べたところ、流出上位には歴史のある米国株のアクティブ投信が並んだ。株高のなかでも個人が低コストのインデックス投信を選ぶ流れが続いている。

モーニングスター・ダイレクトのデータを基に資金流出入を集計した。解約できない「クローズド・エンド型」や純資産が30億ドル(約3300億円)未満の投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン