/

この記事は会員限定です

中国関連株に明暗 バブル不安、製造業なお重荷

[有料会員限定]

中国恒大集団の債務問題が市場を揺らすなか、中国関連株の動きに差が目立ってきた。23日に人民元建て債の利払いを実施すると伝わると、一時的に金融市場の混乱が避けられるという期待感からソフトバンクグループ(SBG)は上昇。一方でTOTOファナックなどの製造業は下げ止まらず、実体経済への不安を鮮明に映した。不動産バブルの調整が長引くとの懸念が引き続き株価の重荷になる。

22日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比200円31銭(0.6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン