/

この記事は会員限定です

国産大豆ミール一段高 4~6月、3期連続上げ決着

[有料会員限定]

家畜のエサとなる国産の大豆ミールと菜種ミールの大口取引価格がさらに上昇した。4~6月期は前期比7~8%高く、3四半期連続の値上げ決着となった。大豆ミールは過去30年で最高値を付けた。中国の堅調な需要と南米など産地の天候不順による生産減観測が重なり、国際相場が高止まりしていることを映した。

4~6月期の価格は大豆ミールが1トン7万6700円と前期(1~3月)に比べ5500円前後(約8%)高い。菜種ミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン