/

緊迫するウクライナ情勢 市場がみる「この先」

注目記事まとめ読み

ウクライナ情勢が一段と緊迫し、市場では警戒感が高まっています。ロシアのプーチン大統領が親ロシア派武装勢力が実効支配しているウクライナ東部の一部地域の独立を承認し、米欧は制裁を科すと表明しました。原油やガスなど高いシェアを持つ資源価格の押し上げにつながり、世界経済への影響が懸念されています。日欧米など主要国の株価は下げ足を速めています。市場は高まるリスクにどう身構えているのでしょうか。関連記事をまとめました。

高まる市場の警戒

プーチン大統領の独立承認で、ウクライナ情勢の緊張が一気に高まりました。ロシア産原油の供給が滞ると懸念され、国際指標の北海ブレント原油先物は22日、1バレル99ドル台まで上昇しました。米金融政策が引き締めに転換するなか、地政学リスクが投資家心理の重荷になっています。

マネーは安全資産へ

金融市場では投資マネーが「安全資産」とされる金や、価格下落リスクが小さい先進国の国債に逃避する動きが加速しています。各国の株価の予想変動率が急上昇しています。

危機が危機を呼ぶ、歴史の教訓

リスクを回避するため、現金や国債、金といった「質への逃避」が加速しています。しかし、危機は時として、新たな危機を呼ぶことが少なくないようです。

市場、米景気のピークアウトも

株価の値動きに目を凝らすと、市場はウクライナの紛争リスクよりも米国景気のピークアウトを恐れているようです。米金融引き締めと景気減速が重なった2018年型の株安の再来も意識されています。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン