/

この記事は会員限定です

新生銀行、ホワイトナイトなお模索 TOB巡り社長

[有料会員限定]

SBIホールディングスからTOB(株式公開買い付け)を受けている新生銀行の工藤英之社長は22日、日本経済新聞の取材に応じ、ホワイトナイト(白馬の騎士)などの「連携先を引き続き模索していく」との意向を示した。

ノンバンク領域でのM&A(合併・買収)を通じて収益を拡大していく方針も示した。TOB価格の引き上げなどSBIとの協議を引き続き探るが、企業価値向上に向けた道は険しい。

SBIは新生銀株を最大48%取得...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン