/

丸紅、一時3%高 肥料など農業資材好調

話題の株

22日の東京株式市場で丸紅株が一時前週末比28円(3%)高の1062円50銭まで上昇、年初来高値を更新し、2018年10月以来約3年ぶりの高値を付けた。資源分野に加え、肥料や農薬など非資源分野も収益が伸びている。アナリストによる投資評価の引き上げもあり、買いを集めた。

終値は1%高の1047円だった。丸紅株は昨年末と比べ5割強上昇。資源高などを背景に商社株の上昇が続くなか、上昇率は総合商社7社で最も高い。

11月2日に22年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比57%増の3500億円になる見通しだと発表した。資源関連以外で目立つのがアグリ事業の好調だ。米国などで農業資材の需要が拡大し、今期の純利益は最も高い金属事業(1560億円)に次ぐ、430億円を見込む。

野村証券の成田康浩氏は19日、同社株の投資判断を3段階で真ん中の「中立」から最上位の「買い」に引き上げた。財務体質が改善しており「自社株買いについて検討するなど株主還元の拡充が打ち出された」と成田氏は評価した。

一方、年初から大きく上げてきただけに、市場では「商品市況がピークアウトすれば、戻り売りの可能性もある」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成取締役)との声もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン