/

この記事は会員限定です

損保ジャパンが避難指示 3次元解析で損壊リスク把握

[有料会員限定]

損害保険ジャパンは2024年度にも道路や壁面で損壊が起きやすい箇所を特定するサービスを売り出す。3次元(3D)データを仮想空間に再現する技術を持つ朝日航洋(東京・江東)と連携し、暴風雨などの前後で地形の変化をセンチ単位で示す。自治体など向けに損壊リスクを事前に警告して避難指示を促す。

従来、壁面などの点検は調査員による目視や写真で実施していた。今後は事前の空撮データにIoTセンサーでリアルタイムに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン