/

この記事は会員限定です

重み増す内部告発、不祥事なお多く 浄化作用弱体化も

[有料会員限定]

金融当局による企業不正の摘発で、内部告発の重みが増している。米商品先物取引委員会(CFTC)は21日、不正な取引行為の内部告発者に約2億ドル(約230億円)の報奨金を支払うと発表した。企業規模や取引金額が大きくなって不正調査の難しさは増している。米当局が巨額の報奨金を誘因材料に内部からの不正情報を集める一方、日本の仕組みづくりは不十分との指摘がある。

英フィナンシャル・タイムズ(FT)などによると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン