/

この記事は会員限定です

フリーランス、年金増やす 共済やiDeCoの税優遇手厚く

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

40代の男性Aさんは一昨年、脱サラで実家の製菓店を継いだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響は一息つき、売り上げは回復しているが「将来について考える時間が増え、老後のお金の不安が強くなった」と話す。現在加入するのは国民年金だけ。老後の年金額は会社員を続けた場合に比べ年間で70万円程度少なくなるという。

社会保障薄く

フリーランスや自営業で働く人が増えている。自分の能力や生活スタイルに合わせて働ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン