/

この記事は会員限定です

日の丸風車を主力産業に

十字路

[有料会員限定]

第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が終了した。工業化前からの世界の気温上昇を1.5度に抑える目標達成には洋上風力発電がカギとなる。現状では世界の設備容量は35ギガ(ギガは10億)ワットで原発35基に相当し英国とドイツで約半分を占める。主要機器も発電事業者もデンマーク、ドイツ等の欧州勢が中心である。アジアでは中国が猛追するが、新たに台湾と日本が注目されている。

台湾は2019年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン