/

この記事は会員限定です

「衆院選は買い」に黄信号 選挙後、個別株に勝機も

北松円香

[有料会員限定]

「日本の政局は買い」――。海外投資家もよく知るこんなアノマリー(経験則)に黄信号がともっている。9月は菅義偉前首相の自民党総裁選の不出馬表明をきっかけに短期筋が株価指数先物買いに動いたが、長期投資家は今のところ追随する様子がなく、足元では不安定な相場が続く。「次の政権が短命に終われば、日本経済の停滞打破への期待はまた後退してしまう」と、市場関係者は今月末に投開票される衆議院選挙の動向に気をもんでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン