/

この記事は会員限定です

日米、変動率指数が逆行 「稼ぎ頭」の違いで明暗

[有料会員限定]

日米で株式市場の先行きに対する見方が割れている。米株相場の予想変動率を示すVIX指数は約1年8カ月ぶりの低水準に沈む一方、日経平均株価の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は上げ下げを繰り返し落ち着かない。足元で米企業は好決算が続くが、日本では供給制約などの影響で自動車など主力株の業績下振れへの警戒が強まっているためとみられる。

予想変動率はオプション市場の取引状況から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン