/

この記事は会員限定です

賃金通貨払い原則の柔軟化を

十字路

[有料会員限定]

わが国では、長きにわたり、労働者に対する賃金は、通貨で支払わなければならないとされてきた(労働基準法24条1項)。そのため、外国企業と異なり、ほとんどの日本企業は従業員に株式を給付していない。最近では、一部の日本企業で従業員に株式を給付する動きもあるが、賃金すなわち「労働の対償」として株式を給付することはできないため、あくまで既存の賃金の「上乗せ」として従業員に株式を配っているにすぎない。

しか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン