/

この記事は会員限定です

生保新契約、コロナ前遠く 4~9月保険料19年比17%減

[有料会員限定]

主な生命保険14社の2021年4~9月期決算が25日出そろった。新型コロナウイルスの感染が広がった影響で営業職員の活動が鈍り、新契約の保険料収入が19年4~9月期と比べ17%減り、コロナ禍前の水準に戻らなかった。半数の7社が増益を確保したが、堅調な株式市場に支えられた決算ともいえる。足元で進む円安を受け、住友生命保険などは運用方針を左右する為替見通しの修正を検討している。

外国為替市場では円相場が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン