/

物価目標とは 数値示し急激な変動防ぐ

きょうのことば

▼物価目標 中央銀行の多くが「物価の安定」をその使命としている。経済や社会を混乱させる急激なインフレを防ぎ、物価下落が持続して経済活動を萎縮させるデフレを回避するため、各国中銀は金融政策を運営している。この物価の安定を数値などで分かりやすく示したのが物価目標だ。

中央銀行は物価が目標を大きく上回りそうな場合は、利上げなどを実施して金融を引き締める。逆に目標を下回りそうなら利下げなどで金融を緩和し、景気と物価を刺激する。中央銀行が物価を目標付近で安定させてくれると人々が感じるようになれば、企業や家計は投資や消費に動きやすくなり、経済も安定に向かう。

欧州中央銀行(ECB)は8日、物価目標を「2%」に変更すると発表した。中央銀行が特定の物価水準の実現を強く約束することで、人々の物価上昇期待を目標付近まで引き上げる効果も期待される。

各国中銀の物価目標は2%付近に集中している。あまり低い水準に目標を設定して低金利が定着すると、政策金利を引き下げる余地(のりしろ)が小さくなり、景気が悪化していざ経済を刺激しようと思ったときに金融政策が効かなくなってしまう。こうした事態を避けるための低すぎず高すぎない水準が2%というわけだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン