/

この記事は会員限定です

銅高騰、中国「備蓄放出」で抑え込み 景気悪化を懸念

[有料会員限定]

高騰が続いた銅など非鉄金属の相場が変調している。銅は5月高値から1割ほど安い。中国が商品高を抑えるため、非鉄の国家備蓄を金属加工メーカーなど実需要家に放出する方針を打ち出したためだ。5月にもトレーダーを対象にした投機や買い占めの取り締まりを強化し、買い持ち高の解消を求めてきた。市場では中国の放出量を巡って思惑が交錯している。

上海期貨交易所(SHFE)の銅先物の23日終値は1トン6万8240元と、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン