/

この記事は会員限定です

恒大問題、企業への影響「二極化」 破綻は増加予想

SMBC日興証券 原田賢太郎チーフクレジットアナリスト

[有料会員限定]

中国の不動産大手、中国恒大集団の資金繰り懸念が世界の市場を揺らしている。世界的な金融緩和を背景に資産価格が高止まりする中で浮上した信用リスク問題がどう帰結するのか、投資家の不安は根強い。今後想定すべきシナリオをSMBC日興証券の原田賢太郎チーフクレジットアナリストに聞いた。

――恒大は23日が期日の人民元建て社債の利払いをすると発表しましたが、今後も社債の利払い日が相次ぎ到来します。

「恒大集団の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン