/

この記事は会員限定です

みずほ年金改定の衝撃 老後の備え、個人の手に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

みずほフィナンシャルグループが2024年度から企業年金を確定拠出年金(DC)に一本化することを決めた。長く勤めることを前提にした確定給付型(DB)をやめ、人材の流動性が高まるなかで転職時にも資産を持ち運びやすくする狙いだが、個人が運用リスクを負う確定拠出型には課題もある。

「自分らしくある」ことを実現する人事――。みずほは21日の発表文で、新人事制度をこう表現した。会社から規定された人事制度のも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません