/

ゆったり構え、決してジタバタしない長期積み立て投資

積立王子への道(44)

投資の世界で「積立王子」のニックネームを持つ筆者が、これから長期投資に乗り出す後輩の若者にむけて成功の秘訣を伝授するコラムです。

コロナ禍でも株価上昇が正当化された1年だった

新型コロナウイルス禍では実体経済の落ち込みを食い止めようと、主要国が一斉に大胆な金融緩和を行い市中にお金を流し込んだ。あふれたマネーがリターンを求めて株式市場に環流し、世界の株価は総じて右肩上がりの上昇基調を保ってきた。そのお陰もあって、いち早く米国が力強く経済活動を回復させ、企業業績も堅調に伸長してきたことで、コロナ渦中での株価上昇は正当化されてきたわけだ。

金融緩和の軌道修正が来年の課題だが…

しかし中央銀行が国債をはじめとする金融資産を買い上げて市場に資金を供給するオペレーションはもろ刃の剣だ。景気回復軌道に入った後は適切に転換させないと、行き過ぎて経済がバブル化してしまう。そこで先陣を切って米国がまずは金融緩和スピードを落とす方向へとハンドルを切り始めた。これがハジメくんたちもよく聞く「テーパリング」だ。英語のtaper「先細り」から派生した言葉で「金融緩和の縮小」を意味する。中銀が早晩テーパリングへとカジを切ることは織り込んでいたマーケットだが、ここへ来て実体経済で大きな不確実要素が顕在化したことで一気に行方が混沌としてきた。インフレの高進だ。

予想以上だったインフレ圧力

コロナ後に経済活動がV字回復していく過程では一時的にインフレ圧力が高まることは予期されていた。だが、その力の強さが予想以上だった。世界的な需要回復が資源や素材の価格を押し上げる中で、リベンジ消費ともいわれる生活者の購買意欲は活況で、インフレ率が想定を超えて高止まりしている。そうなるとテーパリングのスピードを上げて、次は金融引き締め、すなわち利上げ政策への急転換が視野に入り始めた。今やマーケットの関心はテーパリングが来年の早い時期に終わった後のインフレの状況と金利引き上げペースの兼ね合いに移っている。

これからは「ゲームのルール」が変わる

コロナ禍の下、中銀マネーの下支えで安心して右肩上がりに推移してきたマーケットだが、ここから先は様相が異なる。テーパリングのスピードやその後の利上げのタイミングとその幅等々、金融政策のさじ加減とそれに実体経済がどう反応するか、インフレの状況を見ながらパズル合わせのような予測が始まる。いきおいマーケットは材料に一喜一憂しながら右往左往する荒っぽい展開になりそうだ。さらにこの先には各国の中央銀行が歴史上未曽有の規模に拡大した自らのバランスシートを縮小するという先例のない課題も残されていてマーケットが揺れる要素は目白押しだ。

だからハジメくんが目の前の価格のブレを怖く感じるのは理解できるが、我々は長期積み立て投資家だ。こうした大きな変動時こそ、いろはちゃんのようにずっと先のゴールを見据えて、下がっても上がってもコツコツ積み立てるという同じ投資行動を続けていくことが大事なんだ。今年の最後に「敗者のゲーム」の著者で有名な米国の長期投資家チャールズ・エリスの言葉を贈ろう。「ゆったり構え、決してジタバタしないこと。それが長期的な成功の秘訣である」

中野晴啓(なかの・はるひろ)
セゾン投信株式会社代表取締役会長CEO。1963年生まれ。87年クレディセゾン入社。セゾングループ内で投資顧問事業を立ち上げ、運用責任者としてグループ資金の運用等を手がける。2006年セゾン投信(株)を設立。公益財団法人セゾン文化財団理事。一般社団法人投資信託協会副会長。積み立てによる長期投資を広く説き続け「積立王子」と呼ばれる。『預金バカ』など著書多数。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

積み立て投資には、複利効果やつみたてNISAの仕組みなど押さえておくべきポイントが多くあります。 このコラムでは「積立王子」のニックネームを持つセゾン投信会長兼CEOの中野晴啓さんが、これから資産形成を考える若い世代にむけて「長期・積立・分散」という3つの原則に沿って解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン