/

この記事は会員限定です

企業はESG規制を先取り 東証再編が後押し

[有料会員限定]

日本企業の一部は規制を先取りした対応をはじめている。取引網全体で二酸化炭素(CO2)排出量削減や、人権侵害の排除をめざす。来年4月に予定される東京証券取引所の市場再編もこうした動きの加速につながりそうだ。

日立製作所は9月13日、2050年度までに取引網全体でCO2排出量を実質ゼロ(カーボンニュートラル)にすると発表した。16年に掲げていた「50年度に10年度比で排出量80%減」との目標を引き上げた。

日立の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン