/

資産1.2億円のマダム バイ&ホールドで子育てと両立

億超え投資家に学ぶ 資産1億円のつくり方(下)

日経マネーの個人投資家調査に回答を寄せた資産1億円超の投資家の手法を紹介するシリーズ。最終回は、割安な配当株を特定の条件で購入し、持ちっぱなしにする独自の手法で資産を増やした女性投資家の実践例を取り上げる。

定年後も再雇用で働くたんぽぽさん(ペンネーム、65歳)は、働きながら2人の子を育て上げた女性投資家。株式投資をしていた職場の先輩から株の話を聞いたことが投資の始まりだ。時は昭和・平成バブルの絶頂期。新聞には株高の文字が躍っていた。

「証券会社に勤務していた友人と投資について話す機会があり、①投資は余裕資金で②まあまあの安値で買ってまあまあの高値で売れればいい③信用取引は借金と同じなのでしない――などのアドバイスをもらい、やってみようと思いました」

職場の先輩からも「始めるのなら勉強してから。最低でも本を3冊は読め」と教えられて実践。そのうちの1冊にあった「バイ&ホールド投資」なら、働きながら挑戦できると思ったという。

1銘柄ごとの情報カード

当初のスタイルは大型優良株投資。その後、優待株投資を経て現在は配当株に投資している。証券会社のリポートなどから気になる銘柄をピックアップ。銘柄ごとに株価・配当利回り・証券会社によるテクニカル分析情報・株価チャートの形状を書き留めるカードを作る。毎日、就寝前の1時間で情報を更新して、それぞれが自分の設定した条件と合えば買い指し値を入れるようにしている。

「試行錯誤しながらこの方法にたどり着きました」(たんぽぽさん)。コロナショック時にはウオッチしていた銘柄の株価が大きく下がり、「安くなってお買い得、と買いまくりました」。

たんぽぽさんは現在もバイ&ホールド投資を実践中。だが退職して時間の余裕が生まれれば、売却も始める計画だ。現在は、そのための勉強をしているところだ。

(佐藤由紀子)

[日経マネー2022年8月号の記事を再構成]

日経マネー 2022年8月号 波乱も乗り越える 勝ち組投資家大研究
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP(2022/6/21)
価格 : 800円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

資産形成に役立つ情報を届ける月刊誌『日経マネー』との連動企画。株式投資をはじめとした資産運用、マネープランの立て方、新しい金融サービスやお得情報まで、今すぐ役立つ旬のマネー情報を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン