/

この記事は会員限定です

米企業年金、積み立て不足14年ぶり解消 債券買い要因に

[有料会員限定]

米国の企業年金による債券買いが増加する可能性がある。昨年秋以降に米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めで金利が上昇する中、米国の確定給付年金での債務の時価評価が下がり、14年ぶりに年金資産の積み立て不足が解消。株式などリスク資産による運用を増やす必要がなくなったためだ。債券を軸とした保守的な運用に拍車がかかりそうだ。

確定給付年金は将来に企業の従業員が受け取る金額が確定している年金。企業が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン