/

この記事は会員限定です

みんなのアクティビズム 「利己も利他も」変わる株主

[有料会員限定]

唐突な変わり身だった。2020年11月、化学品メーカーの日油が発表した中期経営計画には、3年分の計画にとどまらず25年度の営業利益目標が示されていた。翌月には同社初の統合報告書を開示。二酸化炭素(CO2)排出量の削減など、ESG(環境・社会・企業統治)の具体的な目標を記した。

保守的な印象を拭い去り積極的に市場と向き合おうとする姿勢の変化。背景にあるのは、資産運用会社であるフィデリティ投信との「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン