/

ベネッセHD、8カ月ぶり高値 「ベルリッツ」赤字継続懸念薄れ

話題の株

21日の東京株式市場でベネッセホールディングスの株価が上昇し、終値で前日比31円(1%)高い2690円と約8カ月ぶりの高値となった。11日に発表した2022年3月期の連結業績予想では、純利益は前期比60%増の50億円となる見通し。発表後は相場が軟調で下落する場面もあったが、業績回復への期待や、懸案だった英会話教室事業に対する会社の姿勢が見えてきたことで買いが集まった。

21年3月期の連結決算では、純利益は前の期比50%減の31億円だった。ただ、新型コロナウイルス禍による休校などの影響を受けた学校向け教育事業や学習塾などが想定より早く回復し、損益ゼロの予想からは上振れた。今期については、赤字が続く英会話教室の「ベルリッツ」事業に対して「23年3月期の黒字化の可能性を、今期中に遅滞なく判断する」と説明した。

大和証券の関根哲氏は「ベルリッツの事業の先行きの不透明さが株価を下げる大きな要因だった。会社の態度が明確に見えてきたことで、いつまでも赤字が続くという懸念が薄れた」と説明する。具体的な方向性の説明は中間決算以降とみられるが、市場ではベルリッツへの対応を織り込んで買いを入れる投資家も増えているようだ。

教育や介護などの事業がコロナ禍の影響から順調に回復していることも好感されている。小中学生に1人1台のパソコンやタブレット端末を配備する「GIGAスクール構想」が進んでおり、auカブコム証券の山田勉氏は「オンライン教育などのビジネスチャンスが広がり、需要取り込みへの期待もある」とみていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン